DATE:
2021.05.11

CATEGORY:
#スタッフブログ #トレーナー #トレーニング

運動以外でエネルギー消費をあげる誰でもできるたった一つの習慣!!

タイトルの答えですが、

それはNEATを高める🔥

つまり『座る時間を減らして、立つ時間や歩く時間を増やす』です!!

 

そこで今回NEATの重要性について紹介します!

NEATとはNon-Exercise-Activity Thermogenesisの略称で

日本語では非運動性(活動)熱産生とも呼ばれています。

身体活動は運動と生活活動とに分けることができ、

NEATは運動以外の身体活動で消費されるエネルギーのことをさします。

 

肥満者と非肥満者のNEATを比べると肥満者の方が座位で過ごす時間が164分多く、

この時間を肥満者が立位・歩行活動で過ごすと352±65kcal/日のエネルギー消費量を

追加できるとの知見があります。

 

今までは肥満の改善や予防に対して運動を増やすことが言われてきましたが、

運動に加えて、運動以外の生活活動において座位で過ごす時間を

立って過ごす時間や歩く時間に変換することが、

エネルギー消費量を増やし、肥満の改善・予防となることが期待されています。

 

日常に簡単にできることでは

電車で座らない・階段を積極的に使う・立ち歩く用事をつくったりなど

誰もが簡単に生活に取り入れることができます!

 

私も自宅でパソコンの作業する際は

スタンディングデスクでするようにしています!

消費エネルギーを増やし、姿勢改善にもつながるのでおススメです👍